施術の種類はどのぐらい?

2013年2月20日

赤ちゃんと股関節脱臼

Filed under: 未分類 — admin @ 4:01 PM
産まれたばかりの赤ちゃんのときには特に何の問題もなかったのですが、赤ちゃん検診などによって、後々体の異常が発見される、ということがあります。この時発見される以上としては、股関節脱臼があります。特に女の子の赤ちゃんに多く、先天性のもの、後天性のものとあります。赤ちゃん全体の約0.1パーセントほどと割合としては少ないように思えますが、1000人に1人、と言えばそれほど他人事と言う感じもしないでしょう。
痛みがあるというわけではありませんが、歩くたびに少し足を引きずるようになります。こうなった場合、できるだけ早い時期に手を打つ必要があります。あまり遅くなった場合、回復するのが難しく、大人になってからも症状が残ってしまいます。ほとんどの場合、早期の発見が可能です。お母さんからも見てみて、左右の足の長さが違うとか、少しでも異常を感じた場合、お医者さんに相談してみましょう。
赤ちゃんには顔の向き癖がありますが、股関節脱臼の場合、この向き癖と逆の足が脱臼しているのが多いのだそうです。

産まれたばかりの赤ちゃんのときには特に何の問題もなかったのですが、赤ちゃん検診などによって、後々体の異常が発見される、ということがあります。この時発見される以上としては、股関節脱臼があります。特に女の子の赤ちゃんに多く、先天性のもの、後天性のものとあります。赤ちゃん全体の約0.1パーセントほどと割合としては少ないように思えますが、1000人に1人、と言えばそれほど他人事と言う感じもしないでしょう。

痛みがあるというわけではありませんが、歩くたびに少し足を引きずるようになります。こうなった場合、できるだけ早い時期に手を打つ必要があります。あまり遅くなった場合、回復するのが難しく、大人になってからも症状が残ってしまいます。ほとんどの場合、早期の発見が可能です。お母さんからも見てみて、左右の足の長さが違うとか、少しでも異常を感じた場合、お医者さんに相談してみましょう。

赤ちゃんには顔の向き癖がありますが、股関節脱臼の場合、この向き癖と逆の足が脱臼しているのが多いのだそうです。